モニター

ドラム演奏の際のモニターについてです。
モニタースピーカーではなくイヤモニのことを。



聴覚保護の観点からしてイヤモニはかなり有効じゃないかなと思うのです。
ドラムの生音は明らかに人間の耳には大きすぎるわけで、さらにそれを超える音量でガンガン鳴らすモニタースピーカーなんぞ使おうもんなら尚更…
イヤモニを使えばそういったダメージはかなり軽減できるはず、と思ってイヤモニを使っています。

使ってるミキサーはベリンガーのXENYX802です。
なんといってもコスパ。コスパです。(そうはいってもデカイのでALTOのZMX52を検討中…)















EQは大体こんな感じです。1chはPAからの返し、2chはクリックです。
返しは場所ごとに変わるのでその都度変えていますがクリックは高域削って耳に痛くない音にしています。















ちなみにPOWERランプになぜ黒のガムテープを貼ってるかというと…















外すとこうなるからですw
なんだこれ照明か。照明だよな。















ちなみにガムテープを張っていても…明るすぎやん…
ベリンガーっていっつも眩しいですよね。なんでだろ。















んでイヤモニを接続するとこんな感じに!















Dr.Mのロゴ付きw
UEのTripleFi10をカスタムシェル化してもらったもので、製作は中国のUnique Melody社に依頼しました。メールのレスポンスもいいしオススメです。

0 コメント:

コメントを投稿