Premier 2000の音作り

無事パーツが揃い、(恐らく)数年ぶり、ひょっとして数十年ぶりにその雄姿を取り戻したであろう我がPremier 2000。

ものすごくおーざっぱに音を作ってみましたw

【Description】
Model : Premier 2000(1960s?)
Material : Aluminum
Size : 14"×5"

【Sound File】
Batter side : REMO Coated Ambassador
Snare side : DW by REMO
Snare wire : Premier 2000 Snare wire




録音はZOOM Q3です。
音の加工はステレオをモノラルにしただけ( ・∀・)
形式はwavです。無圧縮万歳w














こんな感じで録りました。インターフェースとSM57欲しいwww

んで、エッジにこんなものを塗りました。















ギターの弦・指板潤滑剤ですが、エッジグリスとしても使えるらしいとのこと。
そもそもエッジグリスとはヘッドとシェルとの摩擦を減らすことで響きを豊かにするとか云々。前はPearlから発売されてたらしいですが今は売ってないらしい…

(o°▽°)おーぷんっ















(o°▽°)てっててー


(o°▽°)ぬりぬり


金属胴なのでエッジも丸く、案外塗るのは大変でした。
んで木胴なdwにも塗ってみたらさすが木胴。エッジが直線だから塗りやすさ半端ないwww

ヘッドをはめるときにするっする回るwww
ハイピッチにした時とか、より音が伸びたように思います。

0 コメント:

コメントを投稿