iBasso HDP-R10(FWとかAppとか同期とか)

ポチってしまいましたウヒヒ。まっくまんです。

とりあえずいい感じに使えるようになったので備忘録的にやったことを書きます。レビューはもう一つの記事で。
Android全然触ったことなかったのでもうちょっといいやり方あるかもしれないです。その際は是非コメントにて御指摘を…






【やったこと】
※※※MODなFW導入は自己責任でね※※※
(1) ここからMOD版の9.0.3ファームウェアSOUND EXPLOSIONを入手しアップデートする(ダウンロード=СКАЧАТЬ)
手順はヒビノのページを参照。
他にもMODがあったりしてここから入手可能。FW毎に音がチューニングされてます。個人的にはCLEAR SOUNDは淡白すぎたのでチューニングがiBasso側のままらしい9.0.3MODを使ってます。SOUND EXPLOSIONに変えました。
デフォルトのファームだとShimeji入っててどこにとは言いませんがいろいろぶっこ抜かれそうなのでとりあえずMOD使ったほうがいいです。
アップデートした後は設定アプリ→プライバシーから工場出荷状態に戻し、再起動することで適用されるようです。

アプデに限らずですがR10のUSB接続を解除すると「Media Scanning」というダイアログが出ます。大量に曲を入れる場合は1000曲毎に接続解除してスキャニングさせ、これが消えてから15〜20分は放置しておいたほうがいいようです。
またR10をパソにつないだ際に出る本体ストレージの名前が「IBASSO」じゃないといろいろとマズいことになるので違う場合は修正しときませう。一回やらかしました。microSDの名前はなんでもいいみたい。



(2)Launcher ProとFMR Memory Cleanerをインストールする
懐かしのJelly Beansです。Androidマーケットがバンドルされてるならそれから、そうでないならapkをダウンロードしてきてES File Managerでインストールしましょう。どっちも無料です。


Launcher Pro
FMR Memory Cleaner→Google Playから直接落としましょう。あるいはApk直でESとかでインストールも可。方法はググれば出てきます。

ちなiMacのブラウザから遠隔インストールしようと思ったけど

ああ無情



(3)メモリ消費量を抑えるよう設定する
R10、高音質ですが端末スペックとしては非常にお察し状態。なのでRAM1MBは血の一滴。
Launcher Proをデフォルトのランチャーに設定した後この記事を参考にPreferencesから設定を変更しましょう。ウィジェットも取っ払っちゃって下さい。



(4)同期する
後はR10本体ストレージ、もしくはmicroSDに楽曲ファイルを投げ込みます。楽曲ファイル形式はiTunes使ってる人だったらまず問題ないっぽい。
Macなら /Users/USERNAME/Music/iTunes/iTunes Music/Music 内にアーティスト別にフォルダ分けされてるので転送したいアーティストのフォルダをR10 or microSDの /Music にドラッグ&ドロップ。またアルバムのフォルダにアートワーク画像をCover.jpgとして放り込むとアートワークを認識してくれます。
microSDは最初はカードリーダーを使ったほうが速度的に無難。ヒビノ曰く「認識が安定しない場合1000曲毎にスキャニングさせた方がいい」とのこと。

終わったらそれぞれマウントを解除しましょう。すぐmicroSDを挿すのではなくMedia Scanning終了後暫し放置してから…(なおSDマウント後再びMedia Scanningされる模様

プレイリストはUIからは曲、アルバム、アーティスト単位で追加可能。HD PlayerのPlaylistから新規作成した後リスト画面で長押しをするとメニューが出ます。AlbumとかPlaylistとかのバーを右にスワイプするとお気に入りとか曲一覧とか出てきます。
またパソコンで作成したm3u形式のプレイリストが使えます。iTunesからm3u形式で出力したやつをそのまんま放り込むだけでオッケーです。パスの変更とかは不要なので文字エンコードをUTF-8で記述したら /Music/に突っ込みましょう。



とりあえずこれでまともに使えるようになるかなーと。

0 コメント:

コメントを投稿