【レビュー】格安AcuPassホン

ども。macmanです。
先日楽天を漁っていたらAcuPassホンを見つけました。

¥9000という衝撃価格に悩みに悩んで買いました。3秒くらい。
届いたのでレポってみます。


一応商品ページはここ
しょっちゅう在庫切れてまた復活してるんでマメに見とくといいかも。
"¥17,800でケーブル無しだって???誰が買うんだ???"
ケーブルは付属してないので自前で用意する必要があります。Zephone LE-7を使いました。

・みため

DIYパーツを扱うショップさん組立品だそうです。
Sonion社のAcupass1723一発という極めてシンプルな構成。
2ドライバなもののどちらもでかいので筐体一杯です。

どう見てもShure

付属品です。あとはマカロンケースが1つ。
完全にShureです本当にありがとうg(ry

※for AcuPassってなにさって人
こういうスピーカーユニットです。データシートはここ
数年前に登場した2ドライバ2Wayのユニットで、基板上のネットワークの他にAcuPass filterと呼ばれるアコースティックフィルターによってウーファー側のハイをカットしています。
要はオールインワンなやつ。

・さうんど


【音場】
AcuPassホンって総じて音場がかなり狭い印象。
御多分に洩れずこれも音源は割と真ん中に寄ってます。なので濃いけど残響はそれなりに広がる、っていう。
残響の広がる感じはX10がかなり似てます。でも前後にはこっちの方が広いかな。
多分ケーブルがEL-7なので音場はそれもでかいかも。


【高音】
シャキシャキサウンド。刺さる一歩手前。いや半歩手前。
LZ4の弾けるような高域には及ばないものの、この攻撃的な高域はやはりAcuPassの最大の持ち味でしょう。
このお陰かギター、ボーカル、キラキラ系SEはかなり近く感じられ、リバーブが効いて高音成分少なめな他の音とは前後のレイヤーとしてくっきり分かれます。解像度はやや高め…でも流石にマルチドライバ機には敵わない。
音の粒は若干粗め。まぁそこ込みでAcuPassらしいです。

【中域】
ドライ。除湿済。ここはネットワークのキャパシタが所以。
この中域とジャキジャキ高音の効果で音の立ち上がりが極めて速いです。スピード感溢れる。
R10ですらドライに感じられるのでAKとかiPodとかは相当エッジの効いた音になりそうだなと思いました(こなみ

【低域】
BAらしい、極めてBA型ウーファーらしい無指向で包み込まれるような上品な低域が出ます。高域はあんなにやんちゃなのにね。量感自体はそれなりに多め。
いや確かに量感はあってかなり低いところも出ているんですけどもうちょっと弾力があるやんちゃな低音でもいいような。でもBAにそれを求めるのも酷か…



以下雑感です。
まずボーカルがかなり近い。この距離感はかなり満足度高いです。
そして近めのギターが結構攻撃的なサウンドになっています。現代曲にはベストマッチ。
ジャズとかクラシックも楽しい音だからいけると思います。

そして広めな音場、攻撃的な高域、量感ある(けど上品でちょっと退屈な)低域と、かなり万人受けする音作りです。

まぁでもなんといっても価格です価格。
検索結果に出た時正直釣りかと思いました。¥9800ですよ???
現状AcuPassホンで一番安いのがTDKのやたら型番長いやつで、それは確か2万前後。尚リケ不可。
リケできるよーってやつで最安なのはBlueGearのCS-2。4万円です。
あとはLivezoneのLZ2、LZ4、FitEarのParerre、InEarzの…型番忘れた、カナルワークスのなんだったか型番忘れた、earmoのTune5 CLくらいだった気がします。ただどれも錚々たるお値段なことは確か。

それにケーブルだって標準ケーブルはどのみち音イマイチで使わないことが多いですし。
ケーブル付けずに価格下げるからおまいらでケーブル選んで使えよーっていうその姿勢好き。

…とまぁ強いてケチつけるといえば低域が上品だってことくらい。でもこれはSonionに言うべきケチです。はい。上品だからケチつけるって一体

個人的に低域は7mmくらいのD型にして、AcuPassは中高域に振るっていうハイブリッド構成が合うんじゃないかと思ったりしてます。中高域に振るってコンセプトはLZ4のそれですね。
あーテレビショッピングみたいなコメントになっちゃって若干不本意です。まぁいいです。好きだしw
"もう一度言うぞ???¥17,800でケーブル無しだって???"
いや流石にケーブル無しでその価格はないわー…1万前後の価格でケーブル余ってればそれで使えるってところに価値があったのであってだな…
以下おまけの穴あきキノコイヤピ。特許出願中らしいです。

どう見てもビームガンか何か

ステムが細いのでこれまた付属のゴム管を切って被せてはめます。

穴の部分を高域が通って乱反射することで高域がクリアになるとのことです。JVCのスパイラルドットと似た考え方ですね。
で、肝心の音ですがサイズでかすぎて耳に入らなかったので分かりませんでした。無念。

以上レポでした。おわり。


0 コメント:

コメントを投稿