【レビュー】Brevity 5N CGOCC-A SPC Earphone Cable

こんちわ。最近更新頻度が異常に高いです。macmanです。
先日Null Audioに10Proのリシェルをオーダーしたわけですが、その時ついでにUE900s用のケーブルもオーダーしました。
届いたのでレポってみます。



ブツへのリンク→ここ
CGOCC-Aというどこかで聞いたような導体を使っているらしいです。26AWGで5Nな銅ケーブルに銀メッキを施しているそうです。
何といってもポイントは¥4000という爆安価格。まぁ買うよね。

何気Nullから買うの初めてで、どんな梱包で来るのかと思ってたらこんな箱で来ました。

でかい。
開けてみます。


化粧箱。やたら豪華です。


完全にマトリョーシカです本当n(ry


現物です。高級感あるかって言うと正直微妙。
構成はUE900用MMCXでコネクタはNull標準にしました。オプションでViablue(+15SGD)とかも選べるけどここは価格重視。Viablueにしとけばよかった


受注生産(7日ほどで出荷)です。オプションもいっぱい。

細部を見ていきます。
コネクタ。断線しそう。Viablueにしとけばよかった(2回目



ケーブルのLRはものっすごくわかりにくく彫り込んである上に熱収縮チューブが掛かっててすごくわかりにくいです。頑張って探しましょう。
耳掛け部は針金じゃなくて最近よくある形状保持チューブみたいなやつでいい感じ。



分岐部。溢れ出るDIY感。

取り回しは普通よりちょいいい感じ。質感もまぁこんなもんでしょう。なんといっても4000円。もう4000円だから全部許せる気がしてきた。

続いて音です。HDP-R10+UE900sです。
正直¥4000ということもあり全然期待しておらず、標準ケーブルよりいい音で鳴ればそれいいかなーと思ってたんですが裏切られました。なんといい意味で。

音場は左右はそこそこ、かつ前後に広く立体的な音。低域の量感がかなりあります。ZephoneのEL-7を所有していますがあれより出ます。ちょっぴりBOSEみたいな低域のボワつきがあるけどどうせUE900sはフラットなモニターだしこのくらい気にしない。
またEL-7はかなりドライで前後は普通という音像ですがこっちもややウエットとドライの真ん中みたいな。なめらかな印象でボーカルがやや近め(ここ個人的にポイント高い)。銀メッキの効果か高域もキラキラ鳴らしてくれました。
R10でこれ使う時はGainをLowにしてアンプで音量稼ぐのが個人的に好きです。

…いやかなりお買い得だと思います。いいですよこれ。EL-7より好きかも。
3.5mmコネクタがちょっと不安だから頼む時はViableにしたほうがいいかもしれない。Viablueにしとけばよかった(3回目
いや、Viablueもストレートなんですけど見た目的にショボい。ショボすぎる。
断線対策としては根元にボールペンのスプリングつけるのがオススメです。
付けました。



とりあえず雑感として。

0 コメント:

コメントを投稿