【ランティスGJ】劇場版ラブライブ!挿入歌全6曲波形つきレビュー【ハイレゾ】

こんちは。macmanです。
遂に来ましたね!劇場版ラブライブ挿入歌シングル3枚のハイレゾリリース!



そう、全国のハイレゾライバーが期待に満ち満ちていた配信開始
………だったはずが、

ライバー「配信の時間じゃああああああアアアアアアあれ32bit版がないンゴ」

翌日のe-onkyo「誤報だわ32bitなかったわすまんやで(テヘペロ


ライバーニキ近影

という流れに。Twitterしか見てないですがまぁ大荒れに荒れてましたねw つか騒いでる人の中で32bitネイティブ環境持ってて聴き分けもできる人どんだけいたんだ
でもなんでまたよりによって劇場版の曲が24bit/96kHzだけなんでしょう。サントラは32bit/96kHzあるのに。
かくいう自分も一応メールで問い合わせたんですが同じく24bitしか配信しないですすんませんと返信が来ました。つことで安心して24bit音源を貰ってきた次第。

…ん?貰って?
そう、DP-X1を買った時にこんなのを頂いたのです。これで3曲無料で買えるよ!やったね!んで残り3曲は自腹。

※コードは使用済

さて、いつも通り全6曲波形とスペクトラム付きでレビューいきます。曲数多いので長文注意です。
最初に断っておくのがこれはあくまでCD版との聴き比べレビューをということ。曲の好みは関係なし。あとついでにラブライブ以外のハイレゾ音源に比べてどうこう書いているわけでもありません。

あとスペクトル載っける手前書きますが、「96kHzなのに48000Hzまで出てない!!!詐欺だ!!!ニセレゾだ!!!fxxk!!!」とか顔真っ赤にしないようにお願いします。
そもそも可聴範囲がよくなってりゃそれでいーんです。もちろん聴いた感じが酷いと遠慮なくぶっ叩き記事書くわけなんですが…前回みたいに…w
さて、以下私見丸出しになります。聞こえは人それぞれ。購入前に必ず試聴して判断するようにして下さい。

[環境]DP-X1(ロックレンジアジャスト:完全Narrowの一段階手前/フィルター:SLOW/出力:ACG/ゲイン:Nomal)→onsoの2.5mm4極バランスケーブル→UE900s+高域調整DIYイヤピ

<<青い波形比較スクリーンショットは上がハイレゾ、下がCDです。スペクトラムは1:30前後で
上がCD、下がハイレゾです。>>

・Angelic Angel
CDの時点で音良くね?と思うんですよこれ。なのでハイレゾだからハッとするほど変わってるかというとなんとびっくり結構変わってた。
バックの演奏はあんまり変わってないもののボーカルに注目すると全然違います。前方向に引き込まれるような音場の広さはないもののボーカルだけじゃなくて空間が録られてるなって感じ。
またボーカルの低域の曇りがやや取れてスッキリした印象。前回ボロックソに書いた高域の痛みとかも無縁でいい。いいぞこれ。
一点だけあれっと思ったのは0:54近辺のボーカルにめちゃ気をつけて聴かないと分かんないレベルではあるもののびっみょーーーーーーーーーーなノイズが乗ってる気がします。ほんとにめちゃ注意して聴かないと分かんないようなレベルですけど。

波形比較

ハイレゾのほうがちょっと音圧が低くなった感じ。あとCD版は0dbに接してる部分があるもののハイレゾ版は張り付かないギリギリのところで止まってます。

スペクトラム比較

CDはこんなん。んじゃハイレゾの波形撮るか―ってスペクトラム解析したら


…おん?

ぼく「(真顔」
サンプリング周波数が96kHzなので48000Hzまで出るわけですけど、おおう最後まで出てる音源初めて見た…www
可聴範囲はあんまり、というかほとんど変化なしなようです。

・Hello,星を数えて
CDの時点で良(ry
これは正直言うとかなり違いが分かりにくかったです。集中して聴いて初めて分かる前後のレイヤーの感覚の差かなぁ…1:20前後とかの立体感とか特に分かりやすいかも。
アニメ艦これの海色、あれの感じと似てます。あれのCDとハイレゾって結構分かりにくい印象ありましたよね。1曲が高いから買う曲を絞りたいって時は切ってもいいかもしれません。
誤解しないで欲しいのが「音が悪い」ってのとは全然違います。あくまで「CD版とそんなに差がない」ってだけ。

波形比較

微妙に音圧下がってるけどなんかもう同じでいいか


スペクトラム比較


可聴範囲に違いなさすぎてな
こっちはAAみたいにインパクトのある高域の出方はしてないですね。28.5kHzあたりで綺麗に切れてます。


・SUNNY DAY SONG
サニデイソンッ
CDは悪くないけどなまじ音が多い分やや立体感には欠ける感じ。でもCDってこんなもんだよね。
で、ハイレゾ版。ぜんっっっっっぜん違います。先に言っちゃいますけど音質的な意味で今回の6曲で一番買う価値あるの間違いなくこれ。
まずイントロから立体感が段違い、んでAメロのボーカルの広さ、バックの演奏(特にストリングスのピッチカート、立体感凄まじいので必聴)、そしてサビのボーカルの自然な重なり。とにかく全部がグレードアップしててもうこれ一曲で記事書けそう。ここらでやめときますw
多分ラブライブ史上最高音質なんじゃないの。

波形比較

違いがあるかと言われるとそんなに。むしろハイレゾ版のほうが音圧揃ってる部分があるくらい。

スペクトラム比較



これも可聴範囲ではとりたてて大きな違いはなし、27kHzちょいで綺麗に切れてますね。でも聴いた感じ全然違ったのでやっぱ波形じゃ見れないところってあるよね。

・?←HEARTBEAT
1秒くらいにズゴオォォォォンと低域が鳴るんですがそれの広がりがCDよりずっと良くなっています。
あとはサビ以外のボーカルの広がりはやっぱり広いし間奏前の音場の広さとかもいい感じに広がってます。でも正直SDSが良すぎて霞んでる感は間違いなくある
ただ少なくとも星を数えてほど違い分かんねええええええええって程じゃないです。
(あとAAの時も思ったんですがジョルノがソロで歌ってる時の謎の空間の広さ。東京1/3650もCDとハイレゾ全然違いましたけど空間が広く聞こえる声質ってあるんですかね…w)

波形比較

うん。SDSとおんなじような。


スペクトラム比較



なんかもうスペクトラム載せる意味ない気がしてきた


・僕たちはひとつの光
泣けるのでレビューどころじゃないズビビビ
低域の篭りが改善されて音場全体が掴みやすくなっています。SDSのストリングスが凄すぎたのでこっちはどうだろって思ってたらそこまででもなかった。
でもストリングスのディティールは掴みやすくなっていますし、何よりCD音源で気になったサビ部分のボーカルが重なってカサカサした音になっていた部分、あそこが綺麗になって滑らかになっています。これだけでハイレゾ版買う価値十分にあるってもんです。あーズビビビ

波形比較

こっちはCDより若干音圧下がってます。ほんのちょっとだけど。

スペクトラム比較



もう感想要らないよね

・Future Style
まーた最後の最後に星を数えて並に分かりにくいものを…w
といってもボーカルの声の広さはもちろん、ギターの感じとか分かりやすいですね。篭りが取れて空間が見える感じ。サビとかは正直クッッッッソ分かりにくいかと……
静かな部屋でめちゃくちゃ集中して聴いて初めて分かるクラスなので星を数えてと同様あえて買わないのもアリかもしれません。

波形比較


スペクトラム比較





・まとめ
曲はそのままに細かい部分のディティールアップを施したって言えば的確なのかな。
例えばNo brand girls、シングル版のと24bit版のってもう完全に別物じゃないですか。ああいうのじゃなくてミックスそのままにより曇りをとった、って感じ。
とりあえずCDより良くなってるって意味でランク付けすると
SDS>>>>>>>>>>>>>AA=僕光>HEARTBEAT>>>>>>>>>星を数えて=Future≧CD
1曲だけ買うというのなら即SDSを選ぶべし。

つってもどうせ1曲は24bitで1曲は16bitって気になりだすんだし全部買っちゃいましょう。
今回のハイレゾ、ほんとに良かったです。素直に買ってよかった。曲ごとにCDとの違いの差はあれど、少なくとも買う価値がないかというと絶対にある…はず…(なお星を数えてとFuture
でも満足。超満足。こないだスパラブも買ったんですけどこれと同じような変わり方でGoodだったし、鳴り物入りで32bitの配信が開始されてから音傾向がガンガン変わりまくったもののμ’s楽曲ハイレゾ配信の最後の最後にいい感じで締めてくれたって印象でした。
そうこれでいいんだよ…やたら音圧上げたり高域爆上げするんじゃなくてこういう、これでいいんだ…つことで最後の最後にやっと言えるこの言葉。いやNo brand girlsの24bitの時も言ったんですけどねw まぁいいや。
ランティスGJΣd(゚∀゚)

<<…と思ってたら>

(  ^ω^ )…(真顔

0 コメント:

コメントを投稿