【レビュー】Cosmic Ears CE6P 〜オーダー編〜

こんにちは。macmanです。
さて!!!!きました!!!!!


フィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ

イギリスのCosmic EarsというブランドのカスタムIEM、CE6Pをオーダーしました。片側6ドライバ搭載のフラッグシップモデル三三三└(┐卍^o^)卍
一応10Proカスタムを持ってはいるものの、ちゃんとした(=CIEMとして設計された)CIEMは自分にとって初めて…
長々と書いたのでここではメーカー紹介とオーダー内容、工程について書きます。
サウンドとフォトレビューはこっち

・Cosmic Earsについて
日本ではあまり知られていないとこなのでとりあえずメーカー紹介をば。
料金の格安っぷりで日本でも数年前一部で話題になったメーカーですね。

現在はラボをスウェーデンからイギリスのヨークに移し、ラインナップはリシェル+CE1P〜CE6Pの6機種+低域強調モデルであるCE5B、CE6Bの計9モデルを展開。
型番については機種名の数字は片側のドライバ数を、末尾のPはProの略で通常のサウンド、BはBassのBで低域強調モデルをそれぞれ表しています。
面白いのはCIEM自体のとは別にシェルだけを作って発送しフィット感を確かめられる「Prefit」というサービスが(£40の有料オプションですが)存在することです。今回は利用しませんでしたがリフィットの必要がある際の手間を考えると利用してもいいのではないかなと思ったり。

価格は有料オプション無しでリシェルが£125(約¥20,000)、フラッグシップのCE6P/CE6Bも£450(約¥75,000)とかなり安い。というかめちゃくちゃ安い。
同スペックで似たような価格としては1964のV6 Stageがあります。実際Headphoniaで比較レビューがあるので読んでみると面白いとかと。(因みにそのライターさんはCE6Bがかなり気に入ったようで、他の記事にもちょいちょい登場しますw)

現状日本の代理店は存在しないのでオーダーは直接。メールサポートはAmeliaさんが応対してくれます。メールレスポンスは非常にスピーディーかつフレンドリーなので、何かあればガンガン相談してみるといいかと。かくいう自分もいろいろお願いしたり問い合わせしたりしましたw



・オーダー内容
内容は以下の通り。


有料な部分だけ抜き出すと
・本体:£450
・Steampunk Design(左側のみ):£25
・Linum BaX(130cm):£50
・送料:£30

となります。総額£555、日本円にして9万弱なり。
デフォルトの発送先がUKになっているので20%なVATが加算され最初ひっくり返りそうになりましたw
JPにしたら消滅してくれたので良かったようなものの…あっちのVATクッッッソ高いのな。

左フェイスプレートのSteampunk DesignはCIEMで時々見る時計パーツを使ったアレです。CE6P買うことにしたんだけどデザインを非対称にしたいから片側だけに適用できないかとメールしたら速攻でオーダーフォームを改修してくれて左右別に選べるようにしてくれました。ありがたや。あとデザインは完全おまかせ。こんな感じでといえば多分やってくれるんじゃないかなとは思います。あくまで予想ですが。
本当は左をソリッドブラックにしたかったんですが今ソリッドブラックできないのよと言われたのでCosmic EarsのSymbol ColourであるPurpleを、フィット感はMaximum(遮音性重視)を選択。

またCosmic Earsの製品はオプションで標準ケーブルの代わりにLinum BaXケーブルが130cm(+£50)/160cm(+£60)の2種から選択できます。(2PinタイプSEのみ)
BF SALEの10%OFFで¥8,000くらいだったのでもちろん選択しました。日本で買うより3000円近く安くゲットできます。4極バランスないの?と聞いたらないとのこと。
因みにHead-Fi、やたらSEって単語を見かけてなんじゃらほいと思ってたんですがSingle Endの略で3極のことだったんですね。

インプレを送る際にはこの用紙に記入した上で同封する必要があります。
一番上のAudiologistの署名云々というのは無記入でおk。(オーディオロジストは欧米の資格で日本には数える程しかいません)
自分の耳は外耳道の入り口より奥が広い形状なので先端を細く作ってくれと書きました。念の為Ameliaにも同じ内容をメールで送信。
この形状のお陰で硬化したインプレを取り出す時が毎回死ぬ思いです…なにせ入口より奥が太い…www



・納期とか工程とか
購入したのは昨年の秋、Black Friday Saleの10%OFFの時。
11月26日にオーダーを入れ、インプレが向こうに到着したのが30日。Cosmic Earsの年末年始休暇(12月23日〜1月4日)を挟んで発送が3月末、到着が4月頭だったのでだいたい5ヶ月くらい。(Head-Fiで聞いたんですが最近代理店規模を拡大しててオーダーが殺到してるんじゃね?とのこと)

製作工程が幾つかあり、Cosmic EarsのMy Accountページから確認できます。


また購入時にチェックを入れておくことで更新があるとリアルタイムにメールで知らせてくれます。


以下8工程でございー。

Impression Detailing (11/30〜12/16)
Shell Creation (12/16〜12/17)
Shell Detailing (12/17〜1/5) ※12/23〜1/4は休業
Component Assembly (1/5〜1/5)
Electronic Assembly (1/5〜3/31) ※メガ長期間
Shell Assembly (3/31〜3/31)
Final Finishing (3/31〜3/31)
Testing & QA(Quality Assuranse) (3/31〜4/1)

Component AssemblyとElectronic Assembyってどこが違うんじゃ(  ^ω^ )
FacebookやTwitterを見る限りアーティスト用のCIEMを結構な数作っていたようで、Electronic Assemblyがやーたら時間かかったのはそのせいかと。いずれにせよRush Order(£120)抜きでの納品は気長に待つのが良さそうです…w
Head-Fiには12月に中古のCE6Pをリシェルに出したら1月に帰ってきたという人がいたのでリシェルだけならかなり短期間な様子。

配送はDHL Express固定。日本ではDHLセンターの近くならDHLが配送してくれますが、そうでない場合は佐川急便委託になります。
佐川急便の追跡番号は別なのでDHLに要電話問い合わせ→ 0120-39-2580

トラッキング→日本 / UK
以下発送から日本に入るまで。


中国での通関にギョッとしましたが、結果として発送からなんと2日で日本インという驚異的なスピード…マジかよすげえ…
DHLはライプツィヒに欧州ハブセンターがあり、そこからアジアハブである中国のセンター(香港が多い)を経由して日本にというパターンが多いようですが今回のようにEAST CHINA(たぶん上海)経由もあるようです。

トラッキングページからメールアドレスかSMSの電話番号を登録しておくと、状況が「集荷」「通関手続」「通関完了」「配送中」「配送完了」「その他(なんだこれ)」となった時にこんなメールでお知らせしてくれます。追跡ページは日本語表示もあるんだけどお知らせメールは英語固定っぽい。
あと佐川に引き渡された後DHLからの照会で確認できるステータスは配達完了のみとなるので、気になる場合は佐川の追跡番号を聞いておいた方がいいと思います。

つづく!

0 コメント:

コメントを投稿