【続・実験】CDドライブによってリッピング時の音質は変化するか(するわけないんだけど)検証してみた

クソ暑いですね。macmanです。クソ長いタイトル第2弾です。
それなりに前検証した「可逆圧縮(Apple LosslessとかFLACとか)は本当に音質は劣化していないのか」というテーマ、それなりにアクセスがあってやっぱり気になる方多いんだなぁと。理論上劣化しないよーと言われてもやっぱり気になるものは気になっちゃいますよね…w

【前書き】
さて、超今更ですが去年の某アイテム発表で度肝を抜かれた人。結構いると思います。これです。

CDドライブに諭吉4体召喚とかwwwwwwwwwって人とこれを待ってた!!!!って人どっちもいたような印象があります。もちろん僕は前者です。いやどう考えてもリッピング用なのに価格頭おかしいでしょ。
まぁパッとググってみた時「CDドライブ 音質」というサジェストが目につきました。ん…音質…?
これはよろしくありません。だってもしCDドライブで音質が変わるとすると自分で買った分ならいざ知らず、TSUTAYAで借りたCDなんかはCDドライブをアップグレードするたびに借り直さなければならなくなるわけですから。わーたいへんだー(棒

というわけで今回はCDドライブで音質は(変わるわけないけど)変わるのか検証してみます。リッピングなんぞそこらへんで売ってるドライブで十分なんじゃい。たぶん。

【注意】
リアルタイム再生についてではなくリッピングについての議論になります。リアルタイム再生で違いが生じるかどうかは分かりません。まぁでもリッピングしたデータを再生するほうがいろいろといいとは思います…きっと…

【以下考察】
[1]ドライブによって読み取り結果に違いが生じる→音声データのバイナリに異なる箇所が出てくる
[2]ドライブによって読み取り結果に違いが生じない→音声データのバイナリが完全一致する

試聴結果やABXテストではなくあくまでバイナリベースで比較していきます。というのも当たり前ですがバイナリが同一であれば出音は完全に一致するからです。

【以下実験】
CDを


XLDでリッピング。


ドライブはいつも使っているI-O DATAのBlu-ray対応な外付け(BD-U6XL)とiMac内蔵(OPTIRAC AD-5670Sで実はSONY製)の2つです。DISCASだと2枚1セットで送ってくるので2ドライブ体制だと何かと便利なんですよね。
…いや元々はBlu-rayの為に買ったやつなんですが買っててよかった。バスパワーで動くので便利。
ログはこんな感じ。I-O DATAの方はドライブ自体はPanasonic(MATSHITAのUがないのは文字数制限からとのこと)製のようです。


【結果】
形式はAIFF、メタデータは一切書き込まず純粋に読み取ってバイナリ比較。
速度はXLD任せの自動で、iMac内蔵が大体6倍速、外付けが3倍速くらいでした。

いくら「前を検索」を押しても動きません。つまり。
………バイナリ変わんないよ!!!!!!!!!!!!
はい検証終わりました。バイナリ完全一致です。即ち少なくともこの2つのドライブについては音質変化は生じないということになります。

なんとなくつまらないのでDAWでUSB変えたやつと内蔵のを片っぽ逆相にして再生してみると

バイナリ一致で出音も一致、ということでアウトプットは-∞dBになります。ドライブによる「音の広がり」とか「音の分離感」とかの違いもないことがここでハッキリしますね。

【結論】
安心していつでもTSUTAYAでレンタルできる
リッピングなんて内蔵でもそこらへんの普通のドライブでもいいんです。だってバイナリが変わらないんですから。あと「等倍速での読み込み」に拘ることも意味がないことも分かります。リッパー任せの自動設定で問題ありません。
(そもそも音が変わるんじゃなくてノイズが入るか否かだと思う…)
つか、そもそもドライブで読み取り結果に差異が生じるならAccurateRipが成立できないわけで、考えてみれば至極当然な結果。


ちなみにバイナリ差異が生じたり逆相にしても音が消えない場合、オフセット設定値が違っていたりC2エラーが生じ訂正が生じていることが考えられるので一度チェックしてみて下さい。

あ、気休めというかなんというか、一応外付けドライブの制振はしています。
つっても


こんなバカ高いボックスなんかじゃなくて、ダイソーに売ってる耐震ジェルです。4枚入りの青い108円のやつ。あれを切って

こうしてます。この上に乗っけてるんですが十分です。安い割に超便利w


【リッピング方法について】
んじゃリッピング方法はどうでもいいのかというとそうでもなくて、iTunesやMedia Go等ではなくMacならXLD、WindowsならEACdBpoweramp等といったいわゆる「セキュアリッパー」と呼ばれるものを使うのが鉄則だと思います。
というのもセキュアリッパーの場合レンタルCDのようにそこそこ傷があってある程度状態が悪く、偶にエラーが発生するような盤を正しく読み取れる確率が高いんです。
またAccurateRipのデータベースと比較する/2回読み込んでデータを比較することで正しく(CDに記録されたデータをCDに記録されたデータの通りに)パソコンに保存できたか、エラーがどの時間にどれくらい生じたかも確認できます。iTunesやMedia Go等ではそもそもエラーが生じたかの確認すらできません。詳細はここが詳しいので是非。(もっとも新品の傷がないCDはどのソフトでも完全に読み取れるので新品購入派の人はリッピングソフトは気にしなくても…w)

なので正直AK Ripperはうーんと思う部分があるというか…確かにインシュレーター装備&等倍モード搭載(=1.2Mbps)での読み込みで高精度云々と言ってはいますけど読み取り時の挙動はどうなんだろう。エラー訂正ありだと2倍の時間がかかるようなので多分2回読み込んで比較してってやってるんじゃないかとは思いますけどやっぱりパソコンでセキュアリッパーを用いる方が何かと安心感があります。で、パソコンでリッピングするならそもそもこんなもん買う必要なんて(ry


【そもそもエラーは起こるもの】
CDのエラー訂正規格としてCIRCと呼ばれるものが存在します。あんな金属の膜をプラ板で挟んだ大雑把なメディアです。そりゃ読み込み時にエラーは当然起こるし、生じたエラーは元のデータにきちんと訂正(勝手に推測してデータ欠損部を埋める「補完」とは異なる)できるように作ってあります。要は記録されてるデータを盤面上あっちゃこっちゃに分散させておけば、傷がついてもその影響も分散されるから最小限に抑えられるよねって話です。
で、CD読み取り時に生じることのあるエラーは3つあります。以下3つ。
C1:ランダムエラー(クオリティにも依るけど盤面あちこちで普通に起こるやつ。C2符号によって「訂正」される。「推測」や「補完」ではなく「訂正」であってデータには影響なし。当然音は変わりません)
C2:バーストエラー(大きい傷などで生じる。訂正ができない為に前後のデータから「推測」して「補完」される。元データとは異なるので当然音質に悪影響が出る。CCCDはコピーを防ぐため意図的にこれを大量に混ぜていました)
CU:訂正不能(つまり音飛び)

で、傷によってはギリギリC2になったりC1になったりするものがあり、レンタルCDなんかで傷だらけのものを読み込む場合にはセキュアリッパーの使用でエラー発生状況が改善される可能性はなきにしもあらず。
ついでに制振自体は100均の耐震ジェル程度でいいと思うのでやってあげれば良いのかなと思います。

おわり!

23 コメント:

  1. 初めまして。

    検証記事とても参考になりました。
    なかなか自分で検証したくても出来にくいのでとても有難いです。

    >>>>んじゃリッピング方法はどうでもいいのかというとそうでもなくて、iTunesやMedia Go等ではなくMacならXLD、WindowsならEACやdBpoweramp等といったいわゆる「セキュアリッパー」と呼ばれるものを使うのが鉄則だと思います。

    とありますが「iTunes」でツタヤなどから借りてきたレンタルCDを「リッピング」するのと、
    Windowsなら「EAC」や「dBpoweramp」等といったいわゆる「セキュアリッパーと呼ばれるもの」で「リッピング」するのでは「リッピング時」の音質に差がある

    ということでしょうか??

    今までツタヤで膨大な数のCDをレンタルしてitunesでアップルロスレスエンコーダやAIFFなどでリッピングしてきたのですが、ご紹介されたセキュリティアッパーでリッピングするのよりいわゆる音質的には損してるということになりますでしょうか??泣

    もしよかったら教えていただきたいです。

    返信削除
  2. 添付されたサイトにitunesより音質が良くなる とかそういうことではない
    と書かれてましたね^^;

    読み飛ばしていました^^;

    返信削除
  3. ですです。音場とかではなく、あくまで音飛びノイズが生じにくくなるということになります。
    またエラーがどれくらい生じたかやAccurateRipのデータベースと比較できるのでビットパーフェクトに読み取れたかの判別もでき、ここがiTinesやMediaGo等との大きな違いになります。

    返信削除
  4. 返信ありがとうございます。


    なるほど。音質ではなく音飛びなどが多少違ってくる感じなんですね。
    記事参考にこれからはitunesではなくEACやdBpowerampを使おうかなと思います。
    どちらの方がおすすめとかってありますか??

    あと良く聞くのですがFoobar2000などはどうなんでしょう??

    返信削除
  5. dBpowerampはシェアウェアということでやはりEACをよく見かけますね。
    FoobarもAccurateRip連携機能を備えているようですが、エラー情報などのログが出力されないようなのでレンタルCDを多用する場合はちょっと微妙な気もします。
    http://wiki.hydrogenaud.io/index.php?title=Foobar2000:Ripping_CDs_with_Foobar2000

    EACもFoobarもMac用がなく触ったことはないのでアレなんですが、正確に(ビットパーフェクトに)リッピングさえ出来ればどのソフトでも音は変わらないのでとりあえずEACで問題ないと思います。

    返信削除
  6. お返事ありがとうございます。

    Foobarも微妙なのですね
    Twitterであれから色々調べたら(何かと素の意見が参考になります。笑)
    EACの方がdBpowerampより音質が良い という意見も見たので
    EACで取り込もうかなと思います。英語が苦手なので日本語なのも有難いです^^;

    返信削除
  7. Dr.MacManさんは
    ツタヤなどからレンタルしたCDは何のソフトで取り込んでらっしゃいますか??

    返信削除
  8. XLD使ってますよー!(゚∀゚)

    返信削除
  9. 知恵袋でhttp://pioneer.jp/pcperipherals/dvdrrw/pureread/
    このPioneerのドライブ(音質に詳しい方の間では有名なもの?)にすると
    良い(不安が消えるとか)とアドバイス頂いたのですが、このブログの検証記事だと、これでも音質は変わらないんですよね??

    返信削除
  10. なんでも「Pure Read」という機能があるらしいのですが
    どうなんでしょう??

    「CDに正しく記録されている音楽データが、指紋や傷、ディスクのそり、偏芯などにより、
    音楽データが正確に読めなかった場合に発生するデータの補間を防ぐため、
    様々な読み取り方法で、正確に音楽データを読み取る機能。

    検索したらこのような機能みたいです

    こういう「機能」がついているとリッピング時の音質に差は出てくるのでしょうか?
    (ドライブの値段ではなく「機能」による差)

    オーディオにあまり詳しくないのでトンチンカンなことを質問していたらすみません!!

    返信削除
  11. うーんこのドライブを持っているわけではないので断定的に言い切ったり検証したりはできないですが、「最適な読み取り方法を調整し、リトライする」という説明を読む限りリッピングではなくコンポのように直接CDを再生する時に威力を発揮する機能みたいですね。直接再生ならそこそこ意義がありそうです。
    ただパソコンでリッピングする場合はより高精度なエラー訂正処理(セキュアリッピングならそれに加えデータベース照合によるエラー有無の詳細な確認まで出来ます)をパソコンのアプリケーション上からドライブに指示して実行するので、リッピングのみで使用する場合は特に関係ないはずです。

    よっぽどエラーが頻発するディスクを扱う場合はレンズやレーザー等の精度によってひょっとしたらドライブ毎でエラー訂正能力に差が出るかもしれませんが、そこは検証しないとなんとも言えません。
    ただ自身の経験ではレンタルであるような傷の酷いディスクでもほとんどエラーは出ませんし、C2エラーになったのも数回しかないのでその点で恩恵を受けられるかというとそこもまた微妙な気が…します…www

    返信削除
  12. あ、補足ですが直接再生時のというのはRealTime PureReadの話です。
    リッピング時のPureReadはiTunes等での
    リッピングよりは精度が高くなるとは思いますが、やはりEACやXLDのようなセキュアリッパーと通常のドライブで十分ビットパーフェクトにリッピングできるので問題ないと思います。

    返信削除
  13. Googleアカウントにサインインし忘れてたのを気付かずコメント欄遅くなってしまいました汗

    再生時の音質なんですねー。
    でもiTunesよりは精度高くなるのですね!!

    このサイトでトラセンドのドライブが良いとかドライブリストが載ってるみたいなんですが、これもPureReadみたいな話なんでしょうか??
    http://blog.goo.ne.jp/heiseikiseki/cmt/b7d01f099703f2f970e97b318420fabe



    返信削除
  14. 後、EACの設定で


    ・EACでエンコードオプションの「WAVフォーマット」と「サンプルフォーマットの設定」はどれを設定したら劣化したりせず高音質にリッピングできるか?

    ・低品質(高速) 高品質(低速)どちらにチェックを入れたら高音質リッピングできるか?

    ・ID3タグを追加
    WAVヘッダをファイルに書き込まない

    にはチェックを入れるべきか?


    自分のを見たら
    WAVフォーマットが
    Microsoft IMA ADPCM CODEC

    サンプルフォーマットが11.025khz、4ビット、モノラル

    でした!!汗



    調べてもWAVフォーマットことはなかなかサイトに載ってなくて泣

    EAC使ってないと仰ってたのでもし昔使ってたりしたら、覚えてる範囲でいいのでもし覚えていたら教えて頂けますか??


    何度もお忙しいところすみませんm(__)m

    返信削除
  15. 質問ばかりでほんとにすみません( ; ; )


    おヒマな時で構いませんのでお返事頂けると嬉しいです。

    返信削除
  16. そもそも論になっちゃいますが、WAVはメタデータの取扱いがかなりいい加減です。なので管理のしやすさからこのブログとしては可逆圧縮ならFLACやALAC、無圧縮ならAIFFでの管理をおすすめしています。

    んでEACですけど、そもそも使ったこと自体ないので全然分からないです…すいません…
    ただそういう箇所は弄らなくても正常にリッピング出来るはずなので、EACでのリッピングを詳しく解説している別のブログさん等を参考にされてはいかがでしょう?

    返信削除
  17. EACでWAV+cueにリッピング(それをfoobarでWAVとcueに分割)
    それをdBpowerampでAIFFや無圧縮FLACに変換、また他の外部エンコーダでFLACを作って、それらを外付けHDDに入れてるのですがこの方法でもメタデータ?は平気でしょうか?
    (まだ詳しくわかっておりませんすみません泣勉強してみます)



    あとWAVEフォーマットのことは他の方に聞いたらリッピングには関係ないということがわかりました。



    色々ブログ探してみたいと思います。

    返信削除
  18. うーん平気というのがよく分かりませんが、それなら最初からFLAC形式でリッピングしては?

    返信削除
  19. 返信遅くなってしまいすみません( ; ; )

    そうですね心配なので外部エンコーダ使ってFLACにしてみようかなと思います。


    後、ドライブなどの「振動」って音質に関わるのでしょうか?ブログには気休めと書かれてあったし、デジタルだから変わらないのかな?とか思ったのですが、、一応ブログを参考にダイソーで同じジェル買わせていただきました(^_^)いいものを紹介していただいてありがとうございますm(__)m
    いまバッファローとトラセンドのドライブ二つ持っててそれでEACでリッピングしてるのですが、二つとも結構振動がすごくて..全てツタヤで借りたものでが、盤も綺麗です。ただ入れるCDよって変わります。バッファローの方が少し静かだとは思うのですが(国産だから??)トラセンドは結構ドライブの振動が目立つような気がします、、
    このドライブの振動も音質に関係したりするのでしょうか??
    多少ビビりながらリッピングしてる感じです苦笑

    何度もお忙しいところ質問攻めですみませんm(__)m

    返信削除
  20. 記事中のI-O DATAのもそこそこ振動しますけど影響は今のとこないみたいです。
    エラーが出なければ正しくリッピングされていますし、どうしても心配なら記事の内容と同じ方法でバイナリ比較してあげればいいと思います。

    返信削除
  21. なるほど。
    WaveCompareというフリーソフトでしょうか?

    バイナリ比較みたいなのはやったことないのですが、これをいい機会に自分でもやってみようかなと思いました^_^

    色々詳しく最後まで教えて頂いて本当にありがとうございました!!
    これからもブログ参考にさせていただきます!

    返信削除
    返信
    1. ですです。あ、バイナリ比較する際はメタデータ等が違ったりすると正しく比較されないのでメタデータは取得せずにリッピングして比較することをおすすめします。

      いえいえーこれからもよろしくお願いします(゚∀゚)

      削除
  22. メタデータ取得なしですね!気を付けます!

    いま色々調べてたら電気の供給?の関係でリッピングは深夜にしたほうが良いとか、
    空気の振動を防ぐため息を止めてリッピングするとか色々出てきました苦笑

    オーディオって拘ると大変ですね^^;

    こちらこそよろしくお願いします!

    返信削除