PS3(CECHA00)にTeensyでCFW導入

ども、macmanです。
ずっと前にCFWにしていろいろやってたPS3ですが、それなりに前にオンをやりたくなってOFWに戻した初期も初期、最初期型のCECHA00モデルに諸事情により再びCFWを導入する羽目になりました。せっかくなので備忘録も兼ねてざっくり手順とか書いておこうと思います。
そもそもずーーーーーーーーっと前にやってた我が初ブログ、PSPの改造記事がメインだったりしてテーマって回帰するんだなぁと思ったり以下略w


・はじめに
言わずもがなこの記事の内容を実行するなら完全自己責任で。「この記事通りやったら壊れた!弁償しろ!」とか言わないで下さいね。
作業としてはPS3本体をフルに分解/再組み立てをすることになります。それなりの覚悟を決めて掛かりましょう。ちなみに某シールを剥がすのでSONYのサポートは有償/無償問わず一切受けられなくなります。
それと使用するツールは場合によっては自分でハンダ付けして組み立てる必要があります。


・FWバージョンチェック
3.55までなら以下分解作業は要りません。
3.56より上なら以下分解作業が要ります。


・型番チェック
モデルによって改造に必要なツールが異なります。
PS3のFWはHDDではなくマザボ上のフラッシュメモリに格納されていてそれの種類が異なるためで、そのチップは

・NAND(256MB)
・NOR(16MB)

の2種類があります。
FWファイルはNANDの場合全てNAND内に格納される一方NORの場合その容量から一部のファイルをHDDに格納しており、かつFWインストール時間はNANDに比べ大幅に短くなっています。
ただその違いが元でHDDを換装するとNAND搭載モデルはFW再インストールの必要がない反面、NOR搭載モデルはFW再インストールの必要が出てきたりしてNORはその点ちょっとめんどい。

で、PS3がSLIM(薄いやつ)であれば搭載されているのは全てNORです。もしFAT(厚いやつ)なら型番をチェックしましょう。本体裏のバーコード末尾にCECH〜と書いてあるところ、それが

・CECHAxx〜CECHGxx

ならそのPS3はNAND搭載モデル、(使うツールはTeensy or Pogscreet + 360-Clip)

・CECHHxx〜CECHQxx

ならNOR搭載モデル。(使うツールはE3 Flasher)

自分の場合CECHA00なのでNAND搭載モデル、というわけでこの記事ではNANDを搭載したPS3を扱います。
NOR搭載モデルの改造記事なら「PS3 E3 改造」とかでググれば山ほど出てくるのでそちらを。そっちならハンダ作業は一切不要だったり。
そうそう大事なことですが、FATは全機種導入可能なもののSLIMの場合はCECH-2500A/Bまで導入可能で、それ以上は初期FWの関係で導入不可となっています。


・手順
1, NAND内のファイルをパソコンに吸い出す(ダンプする)
2, ダンプしたデータにパッチを当ててNANDに書き戻す
3, CFWをインストールする

至ってシンプル。当たり前ですがNANDの中身を書き換えるのはPS3からは出来ないので、そこはツールを使ってPCに接続して読み出し/書き戻しをやってやるというわけです。
そう。PCなんです。いつもはMacなこのブログですが、今回ばかりはソフトの都合上Windowsに身売りを使用します。

・買ったもの
<<AliExpress>>
Teensy++ 2.0と3.3Vレギュレータセット
360-Clip 32pin
ブレッドボード用メス-メスケーブル40本セット
予備の3.3Vレギュレータ

それぞれ購入した商品ページへの英語版リンクを張っておきました。日本語だと機械翻訳で意味不明なことに…www
AliExpressは中国版楽天みたいなもので色々な業者が色々なものをかなり格安で売っています。
香港のショップなら香港郵政でそっちは配送が速いため、香港のショップを狙って買うというのも手かもしれません。本土からだと3週間は覚悟しておいたほうがいいですw
決済は基本クレカです。不安ならデビットカードやVプリカを使いましょう。VISAは為替レートがやや高いのでオススメはMasterのデビット。

NAND読出し/書込みに必要なTeensyと360-Clipは勿論購入必須ですが、ブレッドボード用のピンに挿せるケーブルを買っておくと結線が後で纏めて一気にできるので超便利。
3.3VレギュレータはTeensyに載せるので必ず必要です。秋月なんかでも普通に売ってます。セットで同梱のやつを使う予定ではあるもののレビュー見たら使えただの使えなかっただの書かれていたので念のため別に2個注文。
Teensyは香港からの出荷でスムーズに届いたものの360-Clipは広州の空港に捕まって2週間くらい足止めを食らいました。つらかったです。
China Postはここでトラッキングできます。
追跡番号が数字のみなら中国出国まで、RF〜CN/HKのものは日本に入ってからも追跡可能。
やたら時間がかかるのであった

・必要な工具とか
半田ごて
ハンダ
ミニバイス
T10ドライバー
+ドライバー #1、#2
カッターナイフ
ヤスリ

ちなハンダはオヤイデのSS-47です。ケーブル作りで慣れきってこれじゃないと使えない体になってしまった(しろめ
ヤニが丁度いい量で伸びもいいし使いやすいんですよあれ…www

・PS3の分解
やるぞーーー
ちなみにCECHA00はマザボのバージョンがCOK-001です。

もっかい言うけどここから先は自己責任でな
まずVOIDステッカーを剥がします。
CECHA00は2014年にサポート終了してるのでどのみちノーリスク(?

で、ここから先の内容は写真がめちゃ多いので丸投げチュートリアルへのリンク+補足にします。
分解はiFixitのページ見てください( ^ω^ )
全工程写真ついてるしネジの種類まで書いてくれてるのでむしろ自分が書くよりいいと思うんだ…うん…www

iFixitの工程についていくつか補足しておくと、Step11やStep21ではユニット下にリボンケーブルがあるので勢い余ってコネクタを壊さないように注意しましょう。特にStep11のカバー外すとこ、カードリーダーユニットはカバーに直付けされています。こんな感じ。

あとはもうiFixit御大の言う通りにノリと勢いで目に映ったネジを片っ端から外していけばおk。
PSPを分解したことがあれば個々のユニット分解難易度は同じくらい。そこまで難しくはなくて修理サポート前提な作りだなーという感じです。リボンケーブルが多用されているところも似ています。
ただなんといっても点数多いのと重いのと価格高いのとで緊張感はそこそこw

んでiFixitの言う通りに作業して、こう。

そして銀色のパネルにあるネジを全部外して、真っ直ぐ上方向にちょっと頑張って持ち上げてあげると(裏の電源とかHDMIとかがならんでるとこを持つのがコツ)マザボが外れます。んでファンを外すわけなんですが…
なんだ…これは…(真顔

執念しか感じないサイズ。つか本体下部スペース全部冷却に割いてるよね…
右腕プルプルな重さ

「アットウテキナチカラ!」そういえばゴツいしブンブン回るし似てる
重さもたぶんマザボよりちょい重いとかいう…んでこれ明らかにCPUグリス寿命切れてるよね?

ということでCell(=CPU)、RSX(=GPU)両ユニット、あとファンについてるグリスを綺麗に取り除いておきましょう。後で組み立てるときにグリスを塗ります。
無駄に頑張って撮った写真。グリスを取ればRSXの文字が。

冷却への情熱を感じる

外側のボディーも結構汚れてたり中に埃が入ったりしてるので水洗いしておくと更に綺麗になります。するなら乾燥は念入りに。
ここまでバラして掃除を終えておいたらあとはTeensyの到着を待って組み立ててダンプするだけ。


・ツールの組み立て
・Teensy
いろいろ情報が出てくるので混乱する部分ですが以下の通りにやりました。ハンダ付けは結線する部分のブレッドボードピンだけしていけばいいと思います。Teensyは半田付けするとこの近くにコンデンサなどがあるので不安なら360-Clipからやってそっちでコツを掴むのがオススメ。

完成するとこんな感じ。

そして360-ClipはそのままだとNAND横の小さいコンデンサや隣のチップに当たってはまってくれないのでヤスリで削ります。こんな感じ。




で、NANDに供給する電源について。方法としては
1, PS3の電源ユニットから電源を取る
2, Teensyのレギュレータを換装してTeensyから直接電源を取る
の2つに分かれるっぽい。よく見るのは上のほう。今回使うのは下のほう。

TeensyはUSBからの5V電源をレギュレータを換装により3.3Vに変換した上で出力が可能(その場合CPUのクロックは最大16MHz→最大8Mhzに制限)で、それをNANDへの電源供給に利用します。
レギュレータは表面実装ではあるもののかなりサイズがあるので難しくはありません。ただ温めすぎはパッド剥がれや裏側のパーツ破損にも繋がるので注意して下さい。
どれかのパッドに予備ハンダをして仮止めしてから作業すると楽。

やり方はTeensyに

3.3Vのレギュレータを取り付けて(楽とか言いながら斜めn(ry

5Vと3Vのパッドの間にほそーいブリッジがあるのでカッターで除去して、3Vと隣(5Vじゃない方)のパッドとをハンダでブリッジさせて完了!

(最後のブリッジはやるの忘れてたんですが、ピン装着済みでも普通に出来ました)

で、以下のように結線します。


完成!

ちな専用基盤(Teensy2PS3)も有志の手で設計/頒布されているようです。今回は使いませんが1000円ちょいなので買ってみてもいいかも。見た目もかっこいいです。


・NANDの読出し/書込み
さて一番重要な部分。
必要なツールはこのチュートリアルのリンクに纏めて入っているので基本それを使います。んでチュートリアルの通りにやって下さい。MEGA直リン
Doungrader自体は各種アプリケーションのランチャーなので、手動で出来るならそっちでもオッケー。

特に

flowrebuilder
PS3 Dump Checker

に関しては是非最新版を入手して手動で起動するのをオススメします。flowrebuilderは最新版だとECCエラーが有る場合報告してくれます。
ちなみにダンプの検証は現状PS3DumpCheckerよりNorway.exeが推奨されているようです。
またSerialドライバはWindows10なら標準で入っているのでインストールする必要はありません。
PythonとPyserialは自分で最新版のダウンロードでも◎。

またパッチを当てるツールは別に必要で、

NOR & NAND Auto Patcher v4.70

を使用します。今回CFWを導入するPS3は4.75ですがこのツールでのパッチ適用が可能です。
基本的にはチュートリアル通りにやればいいので詳細は割愛します。

いくつか補足しておくと、まずNANDの番号に注意。と言ってもチップに印字されているわけではなくて位置の話。
COK001基盤ではCellとRSXが見えない側に付いてる長方形のSAMSUNGって書いてあるNANDチップが「NAND 0」、CellとRSXが見える側に付いてるNANDチップが「NAND 1」となります。

360-ClipをSAMSUNGと360 Clipの文字が逆向きになるように取り付けます。逆はダメなので慎重に。

んでNAND情報を取得できたらダンプ開始。18分くらいかかるので待ちましょう。

画面が1秒でも動かない場合はCOMxの番号が間違っている、NANDwayのバージョンがhexで指定されているものと異なるなどが考えられます。
一瞬で出るけどエラーの場合はハンダ付け不良や接触が悪くないかを見直してみて下さい。特に360-Clipの接続はシビアで何度かエラー吐かれたりダンプできてもECCエラー出たりで…(

終わったらUSBケーブルを抜いて、ダンプされたファイル名を分かりやすいものに変えます。
flowrebuilderで2つのダンプファイルを結合します。結合ファイルの保存時に「.bin」拡張子をつけるのを忘れずに。

そこまでやったらPS3DumpCheckerでダンプしたデータをチェックしていきます。緑のOKが出れば基本的に大丈夫なはず。
赤文字でBADが出たり、OKがあっても左の各項目に赤い部分があればめんどくさくても再度ダンプを行って下さい。無茶をやってもいいのはNANDのバックアップがちゃんととれていることが前提です。ダンプが不完全な状態で進めると最悪PS3が巨大文鎮になります。

チェックが終わって問題なければ

NOR & NAND Auto Patcher v4.70に結合したファイルをドラッグ&ドロップして

パッチが無事適用されている(4.70ですが問題なし)のを確認して

再度2つのダンプに分割して

360-Clipを装着して2枚とも書き戻しましょう。分割時に生成されるtxtファイルを使って差分だけ書き戻せば1枚5分かかりません。

んでPC使ってるついでに次の作業も済ませておきます。
CFW導入用に適当なUSBメモリに4.75以上のCFWを
/PS3/UPDATE/PS3UPDAT.PBP
となるようにフォルダ作成&ファイル配置。
別にUSB接続さえできればSD+カードリーダーとかでも行けます。自分の場合USBメモリより読み書きが速かったのでそっちでやりました。

インストールするCFWは現在以上のバージョンでさえあればRebugでもFerroxでも。TeensyやPSPをJigツールにして3.55にDGしてアプデとやるとRe-married作業をしないとBlu-rayドライブが使えなくなることがありオススメしません。ダウングレードはCFW導入後ROGERO Downgraderとかでどうとでもなり、そっとはRe-marriedがいらないのでDGするにしても是非そっちで。

あとは組み立てるだけ。
ここでさっきのCPUグリスをば。元々塗られてた安っぽいシリコングリスの代わりにこれを使うことに。

CPUとGPUの冷却不良はハンダの劣化を引き起こしてYLOD(Yellow Light of Death)発生の原因になり、特に初期型は省電力もクソも無いとにかく熱を産み出す設計なので適量をしっかり塗ってやる必要があります。
なんでも初期型、「全てを注ぎ込み、とにかく冷やす"圧巻のA"」とのこと。圧巻の名に違わず熱処理能力が490Wだとかw

グリスを塗ったら

あとはもう勢い

ガシガシ

組み上げます。
セーフモードで起動して4.75以上のCFWを入れたUSBメモリを刺してCFWを直接インストールして


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

★/app_home/PS3_GAME/
★Install Package Files

が表示されていれば成功です。あとはこのまま使うなりダウングレードしてROGERO入れるなりなんなり。

・おわり
やー長かった。お疲れ様でした三三三└(┐卍^o^)卍
作業時間としては2時間かかるかかからないかくらい。とにかくダンプがNAND1枚20分かかるのでまぁそんなもんだな…。E3でNORを吸い出すのは1分ちょいらしいのでかなり時間がかかりますね。
ちなみに他ではどんなふうにTeensy紹介してるんだろ、と思ってググってみたら

_人人人人人_
> Lチカです<
 ̄Y^Y^Y^Y^ ̄


なんで…日本語が…日本語がかしこくない…wwwいや人のこと言えないけどさ
どの(日本人が書いているであろう)ブログさんもE3 Flasherを扱っているようで、まぁNANDは初期型オンリーだし当たり前っちゃ当たり前
内容超ざっくりなので何かあればお気軽にコメント欄にてどうぞー!

0 コメント:

コメントを投稿